Archive for the ‘日記’ Category

出会いなんてそこら中にある

2016-11-17

「出会いなんてそこら中にある」と豪語する友人がいます。
確かに彼女の周りには常に男性の影があり、いつも彼氏がいます。
すべてがイケメンばかりというわけではなく、この人は優しそうだな、とか、この人は肉食系かな?とかタイプも様々です。
それに比べて私の方はというと、出会いの「で」の字もないほど出会いがありません。
しかしそれは彼女に言わせると、出会いを出会いと思っていないからだそうです。
確かにそれは一理あると思いました。
こんな私でも、職場へ行く時は電車に乗ります。
そこには数多くの男性がいます。
その男性達を彼氏候補として見るか見ないかの違いが、出会いがあるかないかの違いなのだと気が付きました。
そのことに気づいてからは、通勤中も身だしなみに気を付けて疲れを顔に出さないように、常に緊張感をもっていました。
飢えた肉食系女子にならないように、涼しげな顔で車内の男性を値踏みしていきます。
顔は良くてもヨレヨレのスーツはだめです。
さわやかそうに見えるのに、いつ見てもゲームばかりしている人も嫌です。
こうやって見てみると、本当にたくさんの出会いが転がっていたんだなと思いました。
そして、人間観察をしているうちに人を見る目が出来てきたのか、だんだんと彼氏候補があがってきました。
近くのドアから乗って、近づいてみたりもしました。
しかし驚いたことに、私の彼氏との出会いは通勤電車ではなく、社内にいました。
私が通勤中にも気を使い始めたころから、私のことが気になり始めたそうです。
つまり、出会いがないと嘆いてる間は気が付かないうちに自分が魅力的ではなくなっていたのです。
積極的に出会いを求め、常に周囲を意識していれば、友人の言うように出会いはそこら中にあるのかもしれません。

出会いという名の男狩り M代子のケース

2016-11-17

M代子は、いつも出会いを求めています。
出会いという名の「男狩り」を。
スタイル抜群の彼女は、アクティブで、陽気、特に、脚の美しさはモデル並み。
そして、相当な所謂「スキモノ」であることも間違いないです。
M代子の台詞は、いつも、「一夜限りの男がほしい。。。
今、新入社員研修があって、青い男の子がいっぱーい。
ああ、食べちゃいたい。
だって、おいしそうなんだもん。
」と、この調子。
この前、知られざる事実を告白してくれました。
「あのね、クライアントに手は出せないから、出会いを求めて、しょっちゅう、コンビニに行ってるの。
」コンビニに出会い?売ってましたか?どうやら彼女は、「男をナンパ」しに行くらしいのです。
真夜中の男狩りに。
ターゲットは、雑誌を立ち読みしているイケメン男性だそうで。
入店の際は、バストを強調するために、タイトフィットのTシャツを、コスパのいいマイクロミニを装着。
潤んだ瞳とリップを武器に、準備を終えたら即行動。
まず、立ち読みしている男性にわざとぶつかって、「ごめんなさい」の上目使い。
「あ、ちょっといいですか?」と、コンビニの外に誘い出し、ニコニコビーム攻撃。
これが、一連の流れだそうで。
そうすると、ほぼ間違いなく、「お茶でも」という話しになり、完全肉食の彼女の部屋へGOということに。
M代子はこれを、「コンビニナンパ」と呼んでいます。
「出会い系コンビニ」にしようかと、笑っていますが。
コンビニを、出会いの場として、利用している人っているんでしょうか。
あっけらかんと、彼女は、言います。
「コンビニってほんとうに便利!」なるほど。
クリエイティブな彼女、次はどんな出会いをプロデュースしてくれるのか、ちょっと楽しみです。

出会いが人生を狂わせるかもしれない

2016-11-17

彼との出会いは、高校でした。
彼は30代半ばの国語の教師、私は高校3年生の生徒でした。
話すことが上手で授業も楽しく進める彼は、どの生徒からも慕われる存在でした。
私は学校の授業が終わり、ほとんどの生徒がいなくなった放課後の教室で、テスト勉強をする習慣がありました。
そこへいつの間にか彼が毎日私の様子を伺いにくるようになりました。
勉強を教えてもらったり、恋愛の相談に乗ってもらったりしました。
2人で長時間話し込む姿は学校で話題になり、交際が噂されるようになりました。
私は他に好きな人がいましたし、ましてや先生と生徒の恋愛なんてドラマだけの話だと考えており、彼との出会いに特別な感情を抱くことはありませんでした。
ある日彼から、学校の外で会うことを提案されました。
休日に行われる学校主催のハイキングのイベントで、あまりにも参加者が少ないので助けてほしいとのことでした。
特に何も警戒することなく誘いに乗りましたが、その帰り道に彼から急に告白されたのです。
同時に彼は既婚者であることを知りました。
私は高校生にして、不倫に巻き込まれようとしていたことになります。
まだ純粋だった私は彼の気持ちを受け止めきれず、ただ彼を避ける毎日が続きました。
戸惑いというよりは、嫌悪感が勝っていました。
出会いの頃はこんなことになるとは全く考えていませんでしたし、出会いには慎重になるべきだと教訓になりました。
気まずい関係のまま卒業をしました。
さらに驚くべきことが卒業後に判明しました。
私が彼を避け始めた1か月後には、彼は私より1つ年下の女子生徒に手を出していたといいます。
しかもその生徒とは体の関係まで持ち、怒りで荒れ狂った妻から、自殺をほのめかす電話が職員室にかかってきたそうです。
あのとき彼を好きにならなくて本当に良かった、あの出会いが人生を狂わせていたかもしれないと、今でも恐ろしく思います。

出会いがまったくない私。

2016-11-17

出会いがまったくない私。
今現在もそうですが、学生時代は人見知りが物凄くひどくて、同学年の男性とは全く話しをしたことがありませんでした。
そんな学生時代を送っていたので、もちろん異性との免疫が全くなく。
上京しても同性の友達はできても異性の友達はできないし、上京して通っていた学校でも女性の比率が高かったので異性との出会いはありませんでした。
そんな調子でずっと生きてきたのですが、これじゃダメだなと感じたある日、当時バイトとして働いていた飲食店で誰か紹介してくれないか?と思い切って提案してみました。
「友達なんだけど彼女いなくてさぁ」という紹介とともに写真を見せられ会ってみたいな、と思える人だったので共通の知人を通じて何度か話しをし、二人で会ってみようという話にまでなりました。
相手も出会いが全くない、という人で女性に免疫がない人だったので若干コミ障のところはありましたが、優しかったので段々と好きになっていきました。
その方とは一時期付き合っていましたが、すれ違いが続き結局さようならという形になってしまいましたが、一緒にいた期間は楽しかったです。
誰かと一緒にいるということに疲れてしまっていた私はそれからまた当分一人でいいかなという気持ちになり、出会いも求めないし自ら出会おうとも思わずで今まですごしてきました。
ですがまた最近になって人恋しくなるようになり、また新たな出会いを求めて今度飲み会に行こうと思い立ち、今週の休みに思いきって行動に移そうと考え中です。
初めてのことだらけなので正直緊張しかありませんが、恋人でなくても良い友達としてそういう存在になれる人とも出会えるといいな、と若干の期待を持ちつつ、行ってこようと思います。

Copyright© 2010 恋に奥手な方でも安心の出会い紹介所 All Rights Reserved.